鈴木みのり オフィシャルサイト

poto-kinryu

あなたを守護するエネルギー(金龍のエネルギー・フォト)

画像の説明

商品名:金龍さま
ご購入はこちらから

<上記画像の中央に著作権保護のためのウォーターマークとして EH Energy Photo の文字が入っていますが、実際の写真にはこのマークは印刷されていません。>

<画像解説:上部に黒い雲の形が大きな龍神の頭部として現れています。そのすぐ下に金色に輝く雲がまるで絵に描いたような金龍の頭部としてはっきりと出現しています。こういうお姿を描いた金龍さまの絵を見たことのある人は多いでしょう。いずれも左の江ノ島の塔の方を向いています。その下にやはり金色に輝くらせん状に長く伸びた蛇体が現れており、その先端(画面中央のやや左側)の頭部はこちらを向いています。黒い雲の龍神の頭部の上に丸く輝く太陽は、まるでクリアー・クオーツ・クリスタルの球のようで、おそらく龍神さまが仏舎利を護持していることを表現しているのでしょう。これは奇蹟の写真です。>

サムシング・グレイトのエネルギー・フォトとして

地球に遍満する神霊エネルギー。サムシング・グレイトとも呼ばれるそのエネルギーは、あなたを愛と調和の人生へ誘導してくれます。

そのようなエネルギーは幾多ありますが、そのなかから龍神(金龍)さまが皆さまの幸せのためにやってきました。

2014年12月6日の土曜日、出かけた先の江ノ島の海のうえ、ほおじろえいいち氏の目の前に、写真に写せとばかりに現れたのです。
その半年後、雑誌の記事にこのことを書いたことがきっかけで、ここに現れた少なくとも3体の龍神さまの中心におられるのは、20年前にほおじろえいいち氏の夢のなかに現れた金龍さまであったことがわかり、今この時期(2015年6月)に皆さまにお分けするようにと告げてきました。

20年前、夢を見た翌日ほおじろえいいち氏が書いた詩は、次のようなものでした。

 ''すさまじい霊気だった
 その霊気がかかると
 すべてのものが
 一瞬ガタガタとふるえ  
 その表面は金色(こんじき)に変わった
 山の奥深く眠って
 決して人を寄せつけなかった
 黄金の龍がやって来たのだ
 人々の幸せを願って
 やって来たのだ''

夢の中でものすごい霊気とともに黄金の龍神が現れ、何か冷たい風のような息のような霊気があたり一面にただよったのです。

その霊気に当たった物は一瞬ガタガタとふるえるように振動し、次々とその表面が金色に変わってしまいました。

金粉が降る現象があると聞きますが、このときは一気に物の表面が金箔に覆われてしまったのです。
(記:ほおじろえいいち氏 2015年6月12日)

金龍さまのエネルギー・フォト、その由来

ではなぜこの写真が金龍さまなのか? 2015年6月12日に、この写真をA3サイズに印刷し、額に入れ、膝の上において瞑想するように写っている龍神さまに向かって問うと、「あの時の金龍である」というのです。あの時とは、上の詩に書いた時。

そして、数年前仕事の疲れを休めようと午睡のため部屋で畳の上に横になって目を閉じているとき、不意に私の心のスクリーンに金龍さまが現れた時のことだというのです。眠りに落ちようとした瞬間に心のスクリーンがまばゆい金色の光が広がっていって、その中に絵に書いたような金龍さまが横向きに現れました。

びっくりして、そのお姿を見ていると金龍さまは私の顔のほうに向きを変え、そのお顔が迫ってきたのです。

なにか人間味のある親しげなお顔でした。これは絶対に記憶しておかなければならないと心に強く思ったのですが、眠さに耐えられず、私は眠りに落ちました。そして30分くらい後に目が覚め、「今日はなんとラッキーな日なのだろう!」と思ったのです。

しかしこの2回とも夢のなかや、私の心の中に出現しただけで、実際に自然現象のように実体として現れていたわけではありません。ところが、このたび、私の目の前に、光と雲を身体として、はっきりとした実体としてお姿を現したのでした。

しかし、それでも私にはよくわからない点がありました。写真上部に黒い雲の形が誰にでもわかるように大きな龍神の頭部として現れています。

このお姿が金龍さまなのだろうか? 金龍さまが光の加減で黒い雲の形として現れているのだろうか?

疑問が解けないまま、A3サイズにこの写真を自宅に飾り、夜、就寝前にソファーに座ってゆっくりと斜め方向から眺めていたときです。

黒い龍体の頭部の下に黄金色に輝きながら長く細く螺旋状に伸びて浮かんでいる蛇体が写っていることに気がつきました。驚いて写真に近づき、しげしげと眺めてみると、その蛇体の上、暗い雲の龍神の下に黄金に輝く金龍さまがはっきりと、絵に描いたように写っていたではありませんか。
横向きで、目をはっきりと開いて左側の塔の方を見ています。口や牙まではっきりと写っています。鳥肌が立ちました。

これはあの時(上述)心のスクリーンに現れたお姿とまったく同じです。
あの時は、そのあと私のほうを向いて私に迫ってきたのでした。
わかりやすいようにその部分の陰影と色彩をすこし変え、拡大して、下に掲載しておきます。
画像の説明
よく見ると、どうやらこの3体のほかにも何体かの龍神が写っているようでもあります。

金龍は龍神の中で位が一番高い別格の存在とも言われているので、おそらく龍王である金龍が、それぞれ役割を持った何体かの龍神を従えて、出現しているのでしょう。

さらに黒い雲の龍神の頭部の上に丸く輝く太陽は、まるでクリアー・クオーツ・クリスタルの球のようではありませんか。

龍神さまが仏舎利を奉持し、仏法を守護していることを表現しているのに違いありません。

これは奇蹟の写真といわざるを得ないと思います。

龍神さまが私を動かして、撮影させたのでしょう。人間が意図的に撮影できるはずはありませんし、偶然などとは絶対にいえません。
(記:ほおじろえいいち 2015年6月16日)

この写真を部屋に飾ると

龍神は「われの存在を人々に知らせよ」と言っています。

科学万能の世のなかで、唯物的な考えでなければならないように暮らしがちの私たちですが、「龍神のような神霊がこの世には存在していて、その恩恵を受けているということも忘れないように生きよ」という意味なのでしょう。

そして、さらに「そなたたちを守護するぞ。助けるぞ」と言っているのでしょう。とてもありがたいことだと思います。

この写真をあなたの部屋に飾っておくと、金龍さまを中心とした龍神たちに常に守護されるようになり、あなたの周りやお部屋の不浄なエネルギーやネガティブなエネルギーが清められるとともに、そういうものから常に身を守っていただけるようになるでしょう。

さらに、交通安全、航空安全、航海安全、金運上昇、仕事運や人間関係の運気上昇が期待されます。嵐や自然災害からも守っていただけるようになるでしょう。
この世界に生かされているということに対する強い感謝の念につつまれて、人生を有意義に、そしてあなたとあなたのまわりの縁のある人たちとともに幸せに暮らしていくことができるようになるでしょう。

そしてあなたの人生が愛と調和につつまれるようになっていくでしょう。

仕様説明

花の写真撮影・製作:ほおじろえいいち
額縁のサイズはA4版(210mmx297mm)と、A3版(297mmx420mm)の2種。
写真はカラー。
樹脂製 金ケシ 額入りです。
ガラス板は使用していません。透明な樹脂フィルムです。
価格:A4版28,000円(税込み) A3版 30,000円(税込み)

お申込みはこちら



powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional